【仰天】太宰治のとんでもエピソード3選

太宰治は現在でも最も人気の高い作家の一人です。

死後70年以上経った今も、作品が映像化され人気を集めています。

そんな太宰は「ミステリアスで、女たらし」というイメージが強いと思います。

今記事では太宰の人間性が垣間見れる仰天エピソードを3つご紹介させて頂きます。

 太宰治とんでもエピソード3選

太宰治の似顔絵イラスト

 弟子入り

ぴえんのイラスト(男性)

太宰は人にお願いをするときには基本的に泣きおとしでした。

太宰治
言うこと聞いてくれないと4んじゃうぞー☆
という「千と千尋の神隠し」の坊ちゃんの逆バージョンのようなお願いの仕方が常套手段です。
友達に借金のお願いをした手紙でも、当時男性が使わなかった女性言葉を多用して相手にすり寄るようにお願いをしています。
太宰治の似顔絵イラスト
太宰治
もう少しすれば、実家のお兄ちゃんからお金が送られてくるから!そしたらすぐに返せるから☆何なら友達全員に「太宰に何日までの期限でお金を貸したんだ」ってことを言いふらしてもらって構わないよっ
要約するとこれだけの内容なのですが、同情を誘うような文章で書き連ねています。
実家が青森県の大地主であったことで、太宰は幼いときから何不自由なく生活をしてきました。
周りの人間が自分のために動いてくれることは、当然のことのように思っていたのかも知れません。
生涯無責任な行動が多いわけですが、師匠の井伏鱒二に弟子入りをしたときも、とんでもないお願いの仕方でした。
太宰治の似顔絵イラスト
太宰治
(手紙にて)会ってくれない42ますー☆
スキンヘッドの男性のイラスト(眼鏡)
井伏鱒二
すぐにおいでっ!
どう考えてもドン引きな第一印象です。
なにはともあれ、メンヘラ女のような泣き落としで20年に近い太宰と井伏の腐れ縁がはじまります。

 芥川賞が欲しい

ノーベル賞のメダルのイラスト

芥川龍之介に憧れていた太宰にとって、芥川賞は喉から手が出るほど欲しいものでした。

実際に第一回の芥川賞候補に自身の作品が選ばれると、喜びのあまり友人たちに手紙を出しています。

しかし、受賞を逃したと知ると非常に落胆をしました。

講評に太宰の自堕落な生活態度を指摘した川端康成に対しては、「大悪党だと思う」と痛烈に批判しています。

藁にも縋る思いで第二回の芥川賞に応募したときには、審査員の佐藤春夫に4メートルを越える長さの手紙を送っています。

太宰治の似顔絵イラスト
太宰治
第二回は僕にくださいっ☆
僕を助けると思って…( ノД`)見56しにしないでー
要約するとこんな内容のものが延々と書かれている手紙を受け取った佐藤春夫は…
プロコフィエフの似顔絵イラスト(音楽家)
佐藤春夫
ながっ、すげー情緒不安定じゃんあいつ…もう、怖いわー
と完全に逆効果。
そして6日後にはさらにもう一通の手紙を出し…
太宰治の似顔絵イラスト
太宰治
正直に言って生活が苦しいんです…。最近は死ぬことばっかり考えています。佐藤さんだけが頼りなんです(´;ω;`)
プロコフィエフの似顔絵イラスト(音楽家)
佐藤春夫
ちょっとー!これ太宰君ヤバいんじゃないの!?絶対ヤバいよ…誰か彼を確保して病院入れたげてー!
ということで太宰の弟を仲介して、すぐに病院に入院させられています。
芥川賞のおねだりをして、入院させられるという最悪の結果となります。
結局第二回は二・二六事件のため審査自体行われず、中止となっています。
太宰は生涯を通して大きな文学賞に恵まれませんでした。
芥川賞を受賞していたら、太宰の人生は好転して、自殺することもなかったのかも知れないですね。

 メロス?

足が渦巻きになって走る人のイラスト(男性)

走れメロスの原案になったんじゃないの?と言われているエピソードがあります。

熱海の宿で執筆活動をしていた太宰のお金が足りなくなり、太宰の奥さんに頼まれて壇一雄がお金を届けに行きます。

(壇一雄…「最後の無頼派」と呼ばれた作家。2度の直木賞を受賞しており、太宰治や坂口安吾との交流が深かった。男性がキッチンに立つことが珍しかった時代に、料理家としての顔も持つ“元祖クッキングパパ”。)

壇がお金を届けにいくと…

太宰治の似顔絵イラスト
太宰治
やあー、よく来たね。とりあえず飲もうじゃないか
坂口安吾の似顔絵イラスト
壇一雄
金が足りないっていうから持ってきたんだぜ。良いの?
太宰治の似顔絵イラスト
太宰治
良いよー☆
坂口安吾の似顔絵イラスト
壇一雄
イエーーイ
太宰と壇はどんちゃん騒ぎをして、持ってきた金をすぐに使い果たしてしまいます。
仕方がないので、太宰が菊池寛のところに行ってお金を借りてくることになりました。
壇は未払いの金があるため、宿で人質となります。
なんだかメロスっぽい展開なってきましたね。
しかしすべての道を走破したメロスと違って、列車に乗って東京に向かった太宰が2日経っても、3日経っても戻ってきません
さすがにしびれを切らした壇が、太宰を探しに東京に戻ると、井伏となに食わぬ顔で将棋を指していました。
坂口安吾の似顔絵イラスト
壇一雄
ウオォォォイ!お前なにやっとんねん!?
太宰治の似顔絵イラスト
太宰治
なにって、将棋…
坂口安吾の似顔絵イラスト
壇一雄
分かってるよ!お前っ…俺はな、お前信じて待ってたんやぞっ!
太宰治の似顔絵イラスト
太宰治

ふう…待つ身がつらいかね、待たせる身がつらいかね。(キリッ)

壇一雄
あ💢
奥さんが持たせてくれたお金をすぐに散財するシーンをふくめて、サイコパスなのかっというエピソードです。
なにかと太宰の世話を焼いた壇ですが、このときばかりは怒ったのではないでしょうか。
(壇は山梨県出身であり、急に関西弁でツッコミはじめたのは筆者の脚色です。)
ちなみに後年太宰が書き上げた走れメロスを見て…
坂口安吾の似顔絵イラスト
壇一雄
ウオォォォイ!なんじゃこりゃー!ワイの時と逆やないかいっ
と壇は思ったんじゃないのかなー、と考えるのは僕だけでしょうか?
最新情報をチェックしよう!