デザイン性と実用性の融合!カンペールがダサいと言われる理由とおすすめモデル

 カンペールがダサいは勘違い!ダサいと言われる理由

About | Camper(カンペール)日本公式サイト

出典:カンペールHP

1975年にスペインのマヨルカでスタートしたシューズブランドです。

日本では90年代に一世風靡する人気を集めました。

今記事ではカンペールがダサいというイメージを持っている人が、カンペールがダサいと思う理由と、その勘違いについて解説していきたいと思います。

カンペールがダサいと言われる理由については、以下の3つが挙げられます。

•昔のままでイメージが止まっている

•奇抜なデザインの靴は履きたくなくない

•私服に革靴はダサいと思っている

これらの理由でカンペールはダサいと思っている方の勘違いについて、解説をしていきたいと思います。

 昔のままでイメージが止まっている

Peu Cami

出典:カンペールHP

画像はカンペールの定番モデルである「Peu Cami(ペウカミ)」です。

独特の丸いフォルムが愛らしいデザインですが、野暮ったいと感じる人も一定数いるでしょう。

この丸いデザインは、人間の足の形に沿って作られているため足先が広く設計されていて、足の指が窮屈にならずにストレスフリーに履きこなすためのものです。

ビルケンシュトックも足指を自由に動かせるように、足先が丸くコロンとしたフォルムをしていて、そのデザインは広く浸透しています。

なので昔からカンペールを知っていて、当時流行したPeu Cami(ペウカミ)のような丸いフォルムのイメージが定着してしまっていて、カンペールを敬遠している人は、今のカンペールを知ると驚くと思いますよ。

今でも主流は丸いフォルムですが、シュッとした細身のデザインも多くラインナップされています。

特に革靴は細身で先が尖ったようなデザインよりも、今は圧倒的に丸いフォルムの方が流行っているので、カンペールのデザインは今の流行にも合っていますね。

 奇抜なデザインの靴は履きたくなくない

K100633-013 - Walden

出典:カンペールHP

コーデの要とも言える靴が奇抜なデザインだと、どうコーディネートを組んで良いのか悩んでしまいますよね。

写真のローファーは極厚ソールに、きれないなブルーカラーと流行が反映されたデザインで、単体で見ると良いな思う方も多いはず。

しかし、これをコーデとして使うとなると靴の主張が強すぎて汎用的に使うことは難しいでしょう。

今のカンペールを知っている若い人も、店頭で奇抜なデザインやカラーリングを見て、そのイメージが定着してしまったという人もいるかもしれません。

しかし流行を反映させたデザインで、攻めたカラーリングの新商品を投入することは普通のブランドではなかなかマネできないことです。

理由としては、一般の人たちに広く受け入れてもらえる汎用的なデザインでなければたくさん売れる見込みが立たず、原価割れが起きてしまう危険性があるからです。

そのため奇抜なデザインで攻めたカラーリングの商品は、販売点数が少なくても単価が高く利益が見込めるハイブランドのものというイメージが自然とありますよね。

カンペールの靴は創業時から定評のある履き心地の良さを担保しつつ、デザインやカラーリングはただ奇抜なだけでなく、ハイブランドのようなモードな雰囲気が漂っています。

もちろんハイブランドと比較したら、価格はとても抑えられています。

以上から、人と被らずにモードで奇抜なデザインの靴が欲しいという人にはカンペールはとてもおすすめです。

綺麗に履きこなすことができれば、周りから「その靴良いね、どこのブランド?」と聞かれること間違いなしですね。

 私服に革靴はダサいと思っている

休日に革靴はおかしい。または、おかしいとまでは思わないけれど、デニムのようなカジュアルなアイテムにどうやって合わせて良いかのか分からないと考えている人は多いことでしょう。

しかし、日本人にこそ休日に革靴を合わせることがおすすめなんです。

理由としては、日本人はファッションコーデにおけるドレスとカジュアルの割合が7:3が黄金比だからです。

つまり海外のスタイルの良い人よりも、ドレスの割合を多くすることを意識しなければなりません。

そこで革靴は手っ取り早くコーデをドレスアップするのに最適のアイテムなのです。

その他にも休日にこそ革靴がおすすめの理由について、下記の記事にまとめてありますので興味のある方はぜひ覗いてみて下さい。

“私服に革靴はおかしい?“の疑問解決と、私服に合う革靴まとめ

カンペールの丸いフォルムやアクセントのあるデザインは、休日用の革靴・レザースニーカーの一足目としては最適です。

仕事用以外のおしゃれレザーシューズの選択肢をカンペールは取り揃えてくれています。

 カンペールのおすすめモデル5選

続いてはカンペールのおすすめモデルについてご紹介していきます。

使い勝手が良く汎用性が高いものから、カンペールらしい“攻めた“デザインものまでご紹介します。

 Neuman

K100152-021 - Neuman

出典:カンペールHP

Neumanはクラシックで使いやすいデザインのシューズです。

ポッテリした丸みを帯びたプレーントゥの汎用性はとても高く、休日から冠婚葬祭までオールマイティに使うことができます。

Neumanの良さはデザインだけでなく、軽量素材のアウトソールを用いることにより、見た目に反して軽いシューズとなっています。

ON・OFFシューズを探しているという方は選択肢に入れてみてることをおすすめします。

 Pix

K100360-044 - Pix

出典:カンペールHP

PixはカンペールのNew定番と言える人気モデルです。

個性的なチャンキーアウトソールはデザインのアクセントとしてだけでなく、屈曲性とクッション性に優れた特殊な素材(「ORTHOLITE®インソール」を用いることで極上の履き心地をもたらしています。

画像は比較的使いやすい黒とグレーのカラーリングですが、もっと明るい色の組み合わせや、チェルシーブーツ型のPixもありますので、使いたい季節によって好みのPixを選ぶことができます。

 CRCLR GORE-TEX

K300372-005 - CRCLR GORE-TEX

出典:カンペールHP

カンペールのシューズの中では珍しく、細身でミリタリーシューズのような出立ちのハイブリットスニーカー。

こちらも見た目に反して、その履き心地はとても柔らかです。

自転車のタイヤからインスパイアされたEVAアウトソールに、柔らかいレザーとリサイクルPETを組み合わせたアッパーとなっています。

GORE-TEXと止水ジップも完備してあるため、雨もへっちゃら。

レインシューズとしても活躍してくれます。

ローカットも展開しています。

 Twins

K100736-006 - Twins

出典:カンペールHP

カンペールらしく華やかで、存在感抜群な一足です。

強い個性を持っていながら、使われている素材は上質で、機能性も追求されています。

Twinsはカンペールが革新的なデザインにチャレンジしつづけるシリーズですので、これはと思うデザインに出会ったタイミングで挑戦しては如何でしょうか。

 Pelotas XLite

K100817-001 - Pelotas XLite

出典:カンペールHP

ドイツ軍のトレーニングシューズとして使われていたジャーマントレーナーのデザインを踏襲したPelotas XLiteはスポーティながら、上品なレザースニーカーです。

近年のハイテクスニーカー人気で、ハイテクスニーカーは食傷気味な今ジャーマントレーナーは大人気です。

流行でありながら、飽きのこないデザインなので長く愛用することが可能です。

 まとめ

まとめるとカンペールは、履き心地と機能性を追求しながらも、昔ながらのファンが好む丸いフォルムのデザインから、ハイブランドのようなモードで奇抜なデザインやカラーリングのレザーシューズまで幅広いデザインのシューズを展開しているブランドです。

それだけに、まずはカンペールのHPや実店舗を訪れて見ると、あなたの“気になる一足“に出会えるはずです。

カンペール公式HP

カンペール実店舗一覧

 

【おすすめ記事】

【保存版】リーガルとスコッチグレインを革靴オタクが徹底比較 どちらが買い?

カジュアルブーツの名作 ブランドストーンの魅力とコーデまとめ

Padmore&Barnes (パドモア&バーンズ) ワラビーの魅力とコーデ解説

“私服に革靴はおかしい?“の疑問解決と、私服に合う革靴まとめ

 

最新情報をチェックしよう!